GAP栽培 4つのハイテクを採用

一、組織培養技術を利用して、中薬材の有効成分と代謝メカニズムを研究することで、品種を選別し、体細胞クローン繁殖させます。よって、種苗を迅速的に繁育ができて、工場化の育苗が実現できました;

二、茎先端の脱毒技術品種退化の問題を解決することで、中薬材種苗の純粋化と健康状態を回復させることで、品質を純正化できで、中薬材の品質と有効成分含有量のアップ、生産量の増加などが実現できました;

三、病気と害虫防止の技術で農薬残留の問題を解決することで、中薬材の品質の向上、産出量の増加、環境汚染の解決などが実現できました。中薬材を安全、安心、長期的、安定的に提供できるようになりました。

四、バランスの良い施肥技術で土壌養分の均衡性と合理性、中薬材の重金属の含有量が規定標準により低くなることを保証します。

以上の技術が国内で最先進レベルであり、信頼性が高く、熟した技術です。

 薬都製薬集団 GAP栽培基地

 薬都製薬集団 GAP栽培基地

 薬都製薬集団 GAP栽培基地

祁菊花のGAP栽培 

2002年、弊社は河北農業大学、安国市科学技術局と共同研究を行い、河北農業大学温淑敏教授たちの指導で、段村郷、薬市辦郷、祁州鎮など多くの菊花の栽培区から単株を厳選し、バイオハイテクを利用して、茎先端の脱毒培養を経てから、2004年に小規模で栽培成功しました。2005年に西王奇村中薬材GAP栽培基地で大規模的栽培し、GAP生産規範に基づき管理します。 

祁菊花(脱毒一代)の無硫黄加工

中国2005年の薬典と中国??中薬材生産品質管理規範??の規定では、新鮮な菊花の加工には硫黄で燻蒸することが禁止されています。中国食品と薬品管理局からのお知らせより、各製薬会社と中薬材の経営者は硫黄で燻蒸した菊花の購入は禁止されています。そのため、我が社はGAP 基地に生産した菊花を、マイクロ波乾燥設備を利用して処理します。マイクロ波真空乾燥により、中薬材は低温状態で迅速的に脱水乾燥されるため、加工された中薬材は安全、安心であり、有効成分の損失が避けられ、原材料の色も保持できます、また、真空ポンプで水気を吸い取ることで、乾燥の効率も伝統的な方法と比べ数倍アップされ?蓼筏俊?

祁菊花河北省の典型的な中薬材であり、品質がよくて、疏風清熱の機能があります。主に風熱風邪、熱、頭痛、薄暗い赤目、めまい、痙攣、その他の治療によく使われます。食用としても使われております。

一、組織培養技術を利用して、中薬材の有効成分と代謝メカニズムを研究することで、品種を選別し、体細胞クローン繁殖させます。よって、種苗を迅速的に繁育ができて、工場化の育苗が実現できました;

二、茎先端の脱毒技術品種退化の問題を解決することで、中薬材種苗の純粋化と健康状態を回復させることで、品質を純正化できで、中薬材の品質と有効成分含有量のアップ、生産量の増加などが実現できました;

三、病気と害虫防止の技術で農薬残留の問題を解決することで、中薬材の品質の向上、産出量の増加、環境汚染の解決などが実現できました。中薬材を安全、安心、長期的、安定的に提供できるようになりました。

四、バランスの良い施肥技術で土壌養分の均衡性と合理性、中薬材の重金属の含有量が規定標準により低くなることを保証します。

以上の技術が国内で最先進レベルであり、信頼性が高く、熟した技術です。

 薬都製薬集団 GAP栽培基地

 薬都製薬集団 GAP栽培基地

 薬都製薬集団 GAP栽培基地

祁菊花のGAP栽培 

2002年、弊社は河北農業大学、安国市科学技術局と共同研究を行い、河北農業大学温淑敏教授たちの指導で、段村郷、薬市辦郷、祁州鎮など多くの菊花の栽培区から単株を厳選し、バイオハイテクを利用して、茎先端の脱毒培養を経てから、2004年に小規模で栽培成功しました。2005年に西王奇村中薬材GAP栽培基地で大規模的栽培し、GAP生産規範に基づき管理します。 

祁菊花(脱毒一代)の無硫黄加工

中国2005年の薬典と中国??中薬材生産品質管理規範??の規定では、新鮮な菊花の加工には硫黄で燻蒸することが禁止されています。中国食品と薬品管理局からのお知らせより、各製薬会社と中薬材の経営者は硫黄で燻蒸した菊花の購入は禁止されています。そのため、我が社はGAP 基地に生産した菊花を、マイクロ波乾燥設備を利用して処理します。マイクロ波真空乾燥により、中薬材は低温状態で迅速的に脱水乾燥されるため、加工された中薬材は安全、安心であり、有効成分の損失が避けられ、原材料の色も保持できます、また、真空ポンプで水気を吸い取ることで、乾燥の効率も伝統的な方法と比べ数倍アップされ?蓼筏俊?

祁菊花河北省の典型的な中薬材であり、品質がよくて、疏風清熱の機能があります。主に風熱風邪、熱、頭痛、薄暗い赤目、めまい、痙攣、その他の治療によく使われます。食用としても使われております。

-->